OTネットワークにおける
「資産の可視化」と
「セキュリティ対策」の
理想型

近年、工場インフラが外部インターネットに繋がるようになったことで、マルウェアなどのサイバー攻撃を受ける事例が増えてきています。本書では、DXが加速する現代において、工場インフラがどのような姿にあるべきか、そのポイントと実現までの流れをご紹介しています。障害や事故を未然に防ぐネットワーク環境を構築したいとお考えの方はぜひご覧くださいませ。

<目次>

1章 ITと比べて「20年遅れ」の工場セキュリティ
  • 攻撃者のターゲットはセキュリティ対策の進んでいないものづくり現場へ
  • OTネットワークにどのような資産がつながっているか把握できている企業は少ない
2章 OTネットワークにおける「資産の可視化」と「セキュリティ対策」の理想型
  • 「可視化」と「異常検知」を実現する理想的なOT×ITの形とは
  • 既存のOTネットワークに一切影響を与えず導入することが実現のポイント
  • 標準的なワークフロー
  • 取得し可視化するデータの活用用途を明確にしておこう
3章 SCADAfenceプラットフォームのご紹介
  • サイバーセキュリティ先進国イスラエル発の「SCADAfenceプラットフォーム」
  • 機能と特徴
  • ものづくり現場ならではのニーズに対応

ホワイトペーパーダウンロード

貴社のOTインフラ運用における課題について回答下さい。

このフォームを送信することにより、
あなたは私たちのプライバシーポリシーに同意するものとします。
Privacy Policy